今年も1年の終わりに~ありがとうございます~

2018年、休みながらそれでも駆け抜けて 1年が過ぎました。

いろいろ いろいろあった 1年。

その中で 「日常の中にあるYOGA」 をこんなに体感できた年はない。

YOGAを始めて 9年。 まだまだ勉強中で、みなさんとも 学びを共にできている喜びの日々。

これまでが YOGAの「形を追ってきた」時間であるなら 今年はこれを 「活かす」 時だった。

『OFF THE MAT』

ヨガマットから離れたところでもYOGAの精神で暮らす。

そのためには ヨガマットの上での練習がかかせない。

自分の心と向き合うのに 自分の体と向き合うのに どれだけ ヨガマットの上にいただろう。

そのたびに 今までの自分自身の価値観や考え方、優先順位、執着、クセが根強いことを気づかされる。

苦しいと感じることが起こったとき、過去の同じようなシチュエーションが浮かんでくる。そしてその時に味わった感覚、感情が今現在起きているかのごとく、リアルに感じられるのがすごいところ。

これは私の記憶が作り出している ただの妄想。 同じことは起こらない。  と感じられるまでにはしばらく瞑想が必要だった。

苦しいのだけれど、これは「妄想だよ」 と気づけるところが 今のわたし。

今までの頑張って頑張ってきた私と離れて 安心して落ち着いて 自分自身を見れた。

そして、今わたしが持っているもの、私を包んでくれる人、今こうしてあることが 幸せに感じて仕方ないのです。

『足ることを知る・知足』

自分は足りない足りない と嘆きがちになるけれども あるものをひとつずつ見ていくと 


呼吸している

地に足つけて歩いている

おいしく食べられる

笑顔で迎えてくれる家族、友人がいる



生きている




となって


自分には十分すぎるくらい足りている  幸せだ~~~となる。


足りないものを探しすぎて 苦しくなっているのでした。


わたしは(あなたは)できないこと、足りないことばかりではない。

わたしに(あなたに)あること、大事にしたいこと はなんでしょう?


今年も一年、読んでくださり、関わってくださり

ありがとうございました☆


感謝


Om Shanti

 

大津・石山~SAKIWA YOGA

日々 一生懸命に生きる女性のパートナーとして 【心身の健康のさきの美】をモットーに ココロとカラダの両面のトリートメントを追求し続けます 人の心と体を看るプロ、看護師が、yogaとrelaxationでサポート。 心理学、解剖学、生理学。そして、ヨガの智慧、エネルギーワーク。 リラクゼーションの奥にある、心身の変化を感じてください

0コメント

  • 1000 / 1000